歯の色が黄色くなるのは

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングは、歯医者に行って施術を受けることになります。

歯の色を確認してから、歯垢や歯石などの歯の汚れを落とします。
歯のクリーニングが終えると、歯に表面部分にホワイトニングジェルを塗ります。
このホワイトニングジェルは過酸化水素が含まれたものになります。
ホワイトニングジェルを塗った後は、一定時間、特殊なライトを当てることでホワイトニングの効果を高めてくれます。
歯の知覚過敏を予防するためにフッ化物を塗って、終わりになります。
この特殊なライトを、当てた時と当てなかった時とを比べると、その効果が三倍も違ってくると言われています。
当てるライトは歯医者によって変わります。
ホワイトニングジェルを塗る際には、歯茎や唇部分は事前に保護してくれます。

オフィスホワイトニングの良い点と悪い点

オフィスホワイトニングは、一週間から二週間の間隔で、一回から四回程度、歯医者に通院します。
オフィスホワイトニングのメリットは、短時間で効果があることです。
施術は一時間程度で終わり、一回の施術だけでもホワイトニング効果を実感することができます。
他にも、歯の一本一本に合わせて、色の調節を行うことができます。

歯のホワイトニング施術は、美容目的の治療とみなされているので、保険が適用されません。
一度の施術で効果が表れますが、歯の色戻りが早いのがオフィスホワイトニングです。
白い歯の状態を継続させたいのならば、定期的に施術を受け続ける必要があります。
また、ホワイトニングジェルは強い薬剤になるので、人によってはそれがしみる場合があります。
これは、歯医者と相談することで防ぐことができます。


みんなにシェア

B!