ホワイトニングとはどんな施術なのか

ホワイトニング施術を知る

オフィスホワイトニング

人の歯はもともと白色ではありません。
歯の表面には、エナメル層があり、その下に象牙質と呼ばれている層があります。
表面にあるエナメル質は透明です。
歯が黄色っぽく見えるのは、その下の象牙質の色によるものになります。

歯の色が強く見えるようになった時には、大きく二つの理由に分けられます。
歯の表面を覆っているエナメル層部分の上が着色してしまっている場合と歯の象牙質部分の色が濃くなってしまっている場合の二つの理由が考えられます。
歯の表面部分に着色している場合には、歯のクリーニングを行うことできれいにすることができます。
この方法の場合には、歯の本来の色である象牙質部分の色に変化はありません。
歯医者でホワイトニングを行う場合には、歯の表面部分から薬剤を浸透させます。
薬剤により、黄色っぽい象牙質の色を白くします。

歯の表面に着色してしまう原因は、コーヒーやお茶、赤ワインを飲んだり、タバコを吸う、他にもカレーやトウガラシなどを食べるなどになります。
気になるという人は、コーヒーやお茶を飲んだ後に、水を飲んで薄めておくと効果があります。
この他にも、口で呼吸をしている人は原因の一つに口呼吸による歯の乾燥が入ります。
口呼吸をついしてしまうという人は、鼻や歯のかみ合わせに問題がある場合がありますので、歯医者で一度、相談してみましょう。

歯は段々と黄色くなっていきます。
それは、歯の組織そのものが老化によって黄色くなっていくからです。

歯の色が黄色くなるのは

オフィスホワイトニングは歯医者で行うことができます。 結婚式などのパーティーまでに歯を白くしたいなどのように、歯を白くしたい時期に合わせて、歯を白くすることが可能です。 ホワイトニングは一時間程度で済み、施術は歯医者が行ってくれるので、手間がかかりません。

自宅で行えるホワイトニング

歯医者に通いたくても、なかなか時間をとることが出来ないという人に、オススメなホワイトニングがホームホワイトニングになります。 ホームホワイトニングは、効果が表れるまでに時間がかかりますが、白くなった歯の色が戻りずらく自然な仕上がりになります。

両方やると効果が上がる

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行うと、それぞれの足りないところを補ってくれます。 なので、早く長く歯のホワイトニングを行うことができます。 歯自体を薬剤によって白い歯にする以外にも、歯を白くする方法は、他にも色々とあります。